title 防音工事の必要性

女性のギタープレイ

趣味や仕事でドラムやギターをやっている人が最近多いようです。
しかし、こういった人たちの悩みとなるのが、練習場所などが無いことです。
よっぽどの田舎で周囲数十メートルに渡って家が無い、といった場合は別ですが、ほとんどの人が家でこういった楽器を演奏すると騒音となってしまう可能性があります。
また、それに該当しない人であっても、家の中で演奏すれば当然響くのが楽器ですので、隣人のみならず家族にも迷惑を掛けてしまいます。
そのため、ドラムやギターの練習所や演奏をするために防音工事を施す、というのが注目されています。

防音工事となると、大規模な工事が必要そう、と思う人はいるかもしれません。
また、地下じゃないとどうせ響くだろう、コンクリート作りじゃないと意味がない、一軒家に住んでいないから無理だ、と諦める人もいるかもしれません。
しかし、近年では地上であっても木造であってもマンションであっても防音工事が可能となっているのです。
ある程度のスペースがあれば、防音工事は施せます。
また、練習などのためにスタジオを借りたり、どこか練習出来る場所を探すという手間が省けるために、長いスパンで見る上では理に適った事と言えます。

ドラムやギターは演奏する曲にもよりますが、重低音が響いたり、高音が急に鳴ったりする場合が多いです。
演奏している本人は良いですが、周囲の人は聞き慣れない音に敏感になってしまいます。
工事をすることで、気兼ねなくドラムやギターを演奏してみることでさらに楽しみが増えるはずです。

title 防音に便利な情報

女性のギター練習

家でドラムやギターといった楽器をしている人にとっては、どうやって近隣の人に迷惑がられずに練習するかということが重大な問題になるのではないでしょうか。
防音カーテンを買ってみたり、吸音材を壁に貼り付けてみたり、窓の隙間をテープでふさいだり、といろいろな方法を試された方も多いのではないでしょうか。
テレビの音や話し声などの生活音に対しては、そういった対処法で十分かもしれません。
しかし、ドラムの音やアンプを通してのギターの音ほどの音量になってくると、自分でいろいろな方法を試してみても限界が出てくると思います。
そうなってくると、家で練習することを諦めるしかないのでしょうか?そんなことはありません、防音工事のプロに頼めばいいのです。

今の時代、防音工事を扱ってくる会社はインターネットでもすぐに見つけることができます。
どの会社でも、ドラムやギターはもちろん、ピアノやヴァイオリンなど様々な楽器や用途に合わせた防音室づくりを依頼することができます。
また、実際に防音設備を体験させてくれる店舗も存在するため、防音工事による効果を先に体験してから工事をするかどうかを決めることもできます。
ドラムやギター用の防音室であれば、大体300万円ほどの費用で防音工事を依頼することができます。
それほど安い買い物であるとは言えませんが、やはり、音量を気にせず練習に没頭できる環境を手に入れることは上達への一番の近道になることは間違いありません。

音楽をしている人の共通の悩みである防音という問題に対する一つの答えとして、防音工事を紹介してきました。
皆さんも音量を気にせずに練習できる環境を手に入れてみてください。

オススメリンク
防音工事ができている環境で様々な音楽を楽しみましょう。自宅のスタジオを趣味やお仕事で活用している方が増えてます!
ドラムの練習を家で思う存分したいなら防音工事をこちらで依頼しましょう!|環境スペース
思い切りピアノが自宅で弾ける防音室の以来はこちら|環境スペース
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031